まる3つ

maru3tu.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 10日

病に向けて。食。

b0143376_13222426.jpg


昔から「腹八分目は医者いらず」って言います。


手をかけずともインスタントに色々な食べ物が簡単に食べられる。
現代は飽食の時代です。

ご飯と味噌汁、惣菜が1品だった昔の食事とはガラッと変わり
カタカナの料理が食卓を飾る方が多いのではないでしょうか?

そして食の欧米化とともに昔はなかった病気、いわゆる生活習慣病が増え続けているといいます。

不思議なことに一汁一菜だった頃の方が元気に子どもを生んでいて
7人兄弟、8人兄弟は当たり前だったと言うのだから
今の少子化問題、不妊症等を考えると
体質や遺伝だけでは片付けられない問題のような気がします。


そんな私は玄米をはじめ穀物や豆類、野菜、海草など昔から好きだったので
普段の食事は子ども食に合わせるなんてしたことはなかったし
食に関しては自信がありました。

が、以前にも書いたとおり「つもり」だけの過信であって
改めて食生活を見直してみると
実際は乳製品、動物性たんぱく質、油、砂糖、添加物、化学調味料の取りすぎだったことが
判明しました。
材料や料理は良くても作り方がダメだったんですね。

以前は朝食はパン派だったけれど米を食べるようにして2年近くになります。
夜は以前からご飯派でしたので味噌汁とおかずといった具合。

問題はお昼です。
旦那と子どもたちは会社と学校でそれぞれなので
私と次男と二人でいる時はほとんど毎日パンにバター、チーズ、ジャム・・
飲み物はカフェオレ、コーヒー、ジュースといった簡単な食生活でした。
3時には次男と一緒になっておやつも食べていたし
それでも食べ過ぎるわけじゃないし「大丈夫」と思っていました。

そして出汁を取らずに白だし、コンソメ、中華だしを使用して
簡単に味が決まることに慣れていたのもありました。

米や味噌汁、野菜を食べているから大丈夫と思っていた食生活は
化学調味料に添加物満載の食生活だったわけですね。

山口先生の本を読んだり、実際にお話を伺って
私の良かれと思っていた食生活は全くの間違いだったことが判明したのです。

そして食生活を一変すべく見なしました。

野菜や豆、海草を食べることには抵抗がなかったので
基本の出汁をとることからはじめました。

そして今私がやっていることが以下のとおりです。

① 朝食を抜いています。
  現代は飽食の時代で高たんぱく高カロリーのものが増えている。
  昔の栄養のなかった時代に比べたら1日3食ではカロリーの取りすぎなんだそうです。
  その上、動かなくてもいい時代になったことも関係します。(こちらは運動編で紹介します。)

② 柿の葉茶、ルイボスティーなどのお茶を1日1.5~2ℓ飲みます。
  カフェインはビタミンを壊しますのでコーヒーを飲むことをやめました。
  その代わり上記の熱いお茶をちびちび飲んでいます。
  午後3時までに飲み終えるようにして午前中のうちに尿をたくさん排泄します。
  水のような透明に近いものが理想で
  色の濃い状態だとすでに500ml水分が足りない状態だそうです。
  後、起きがけは生姜紅茶に黒砂糖をひとかけ入れたものを飲んでいます。

③ 玄米、穀物5、野菜3、植物性たんぱく質1、動物性たんぱく質1
  ご飯や穀物を中心に野菜と海草、たんぱく質は植物、動物関係なく少量とっていればいいということです。
  ここで言う動物性はアジやサバなどのことです。

④ 間食は一切しません。
  どうしても食事以外のものが食べたいのなら食事のあとすぐに少量食べます。
  食事と食事の間はお茶意外何も取らないのが理想だそうです。

⑤ 牛乳、チーズなどの乳製品、お砂糖を使ったものをやめました。
  ご存知の方も多いと思いますが人間だけが大人になっても乳を飲んでいると言いますよね。
  牛乳はその昔食べ物がなかった時代に飲めば健康になれると言われていただけ。
  牛乳信仰が未だに残っているということになりますね。
  お砂糖もあまり使わなくなりました。
  お料理に使う際も全く使わないか、量を極力減らして素材の味を大事にします。
  ほんのり甘みが出るので塩麹が大活躍しています!

⑥ 出汁、コンソメなどは一切使わず昆布や煮干で出汁をとります。
  今までは化学調味料に頼っていました。
  昆布や煮干しで出汁を取るようになって改めて素材のおいしさを実感しています。
  もちろん野菜も自然栽培や有機野菜を買っています。

⑦ 油も控えています。
  これまでは揚げ物こそたまにするくらいだったけど
  炒め物をするときはもちろん
  ひじきの煮物等の時も油で先に炒めてから煮るというやり方でした。
  今は油はほとんど使っていません。
  どうしてもという時は大さじ2杯使っていたところを
  小さじ1杯という風に減らして使うようになりました。
  油も質の良いごま油かオリーブ油を使っています。

⑧ 昼と夜は腹八分目!


こんな感じでしょうか。
出汁をとるようになって改めて素材のおいしさを感じているし
何よりも料理がとても楽しくなりました。
ミシンをお休みして時間ができたということもあるかもしれないですね。

長男は出汁を昆布で取った味噌汁の方がおいしい!と言ってくれました。
嫌いだったおそばも出汁をとるとおいしいと言って食べています。
どうやらめんつゆの味が嫌いだったらしい。

娘は「味気ない」と文句を言いますが。笑(彼女の舌は汚染されてますね。あはは。)



病気が治るのは「寝ている時」と「空腹の時」といわれています。
そう思えば夜も10時までには寝ようとするし
お腹が好いていても「病気が治っている」と思えば苦じゃありません^^

たまには友人と語らう日には解禁日を設けてもいいと思うし

要はがんばらなくても続けられることが大事ですよね。
それが習慣ですから。

そして不妊や乳がん、アトピーや糖尿病等々
増えつつある現代病はこうした食生活で防ぐ、または改善されているとも聞いています。

実際のところ私の目がこの先どんな風になるのか見当もつきませんが
食をはじめ楽しんでいることが一番病を倒す鍵だと思っています。
何かしら体に不調を感じる方がいれば
まずはご自分の食生活を見直してみるといいかもしれないですね。
えらそうにすみません・・。



写真は今日のお昼ご飯です。

雑穀ご飯
ジャガイモとほうれん草豚モモの塩麹炒め(夕飯の残りで肉はほとんどないです。)
昆布と干ししいたけの佃煮
鉄火味噌(まいたけ、しめじ、干ししいたけ、ごぼう、人参、レンコンのみじん切りを味噌でもったりするまで炒めたもの。1ヶ月保存が利くので常備してます^^)
黒豆の煮物(初めて自分で煮ました。次は金時を煮てみます)
なめこと豆腐のお味噌汁

朝食は抜き、お昼は割りとしっかり、夜は動物性たんぱく質を取らずに軽く食べます。

友人が写真載せてというので載せてみましたが・・
見事に茶色い図になりましたね^^;


そんなこんなでお料理が楽しい今日この頃です♪


長々お付き合いありがとう^^
[PR]

by maru3tu | 2012-01-10 14:37 |


<< トマトとお味噌。      奇跡のリンゴ。 >>