まる3つ

maru3tu.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 17日

お袋の味はキムチ。

お袋の味は何?と聞かれることがある。

なんだろ?急に聞かれると何なんだろーー?

「豚肉のしょうが焼きかな~~?」

なんてあいまいに答えるも・・いつも「違うと思う」と思っていた。笑


何でこんな事を書こうと思ったか。特に理由はない。


昨日お風呂に入っている時にふと思い出しただけ。


半身浴をしながらよみがえった思い出は「キムチ」だった。


私の実家は焼肉屋。

そして国籍は韓国。

私韓国人なんです^^


その昔、その事実を伝えられた時はなぜだか人には話してはいけない衝動にかられた事をすっごく覚えている。

いまや韓流だのkポップだの流行りに流行っているようだけど(あたしゃ興味がないね・・)

子どもの頃は特に田舎だったし色眼鏡で見られる事を恐れ

とにかく簸た隠しにすることが精一杯だった。


とはいえ、日本生まれの日本育ち。

韓国語を話していたのはおばあちゃんの世代までだったようで

うちの父母は片言。(ほぼ日本語)

今更こんなに流行るのなら(笑)

おばあちゃんが生きている間に韓国語を習っておけば良かったのかなと思える。あはは。
(おかんは8人兄弟の末っ子なので物心付いた頃にはおばあちゃんは韓国で息を引き取っていたのだけど^^;)


そんなわけで子どもの頃から食卓に並ぶ料理は韓国のものが主だったわけで。

お盆や正月なんていったらもろですよ。

そしていつもあったのがキムチ。


私がまだ小さい頃はもちろんおかんは若くて仕事が面白いお年頃。

毎年冬になると近所の農家から分けてもらった白菜を100個以上漬けていたのを覚えている。

おかんの手はいつも南蛮で赤く染まっていて

おかんのエプロンにはいつも南蛮が付いていた。笑


もちろんナムルもいつもあって

忙しい中それらを細かく刻んでご飯に混ぜ混ぜしてくれた。

そう、ビビンパね。

私はそこに納豆を入れて食べるのが大好きだった^^


なんかね。

そんな事を思い出しちゃって。


お袋の味。

キムチ。

決定ですわ。
[PR]

by maru3tu | 2012-02-17 08:32 |


<< 少しずつ作ってます。      蒸しキャベツとコチュジャン味噌。 >>