まる3つ

maru3tu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 20日

シュタイナー学校。。

日曜日。

すっかり秋。

痛いくらいの日差しを浴びて、
立川にあるシュタイナー、賢治の学校のオープンスクールへ。



b0143376_9305583.jpg




今の幼稚園に入ってなければ、絶対に縁のなかったであろう場所。

幼児、小中、高等部合わせて、164名の子供たちが学ぶ小さな学校。

子供たちを中心に、その親と教師がつくる学校。



同じ幼稚園だったお友達が入学してから、
毎年このイベントに遊びに行っている。

シュタイナー教育を語るには私の語彙の狭さでは失礼をしてしまいそうなので(笑)

ただ毎年、子供たちの笑顔や純粋さに癒される。

お金を出せばなんでも手に入る贅沢な世の中。

ここのこども達はそんな贅沢をしないけれど、
心が満たされている生活をしているのが伝わってくる。

ある意味本物の贅沢をしている。と思う。

またここで報酬なく働いている親たちも
心から楽しんで子供たちのために一生懸命。

私が知らないところでは相当な苦労もあるかもしれない。


だけど・・・。



「ここのこども達は本当にかわいいのよ~」


と笑って話す友達の笑顔に。。

心がきゅんとなった。。




そして、次男の授乳のための借りたベビールーム。

授乳している間に、子供たちとのやり取りが耳に入ってくる。

痛いと泣く子供には
「痛いの?そう、痛かったね。」

駄目という子供には
「駄目?そう、駄目なのね。」

すべてオウム返し。

子供の目線に立って、同じ気持ちで。

いつも、それくらい大丈夫だよ・・我慢しな・・・。
で済ませてしまう私。

耳が痛い・・・。

反省、反省・・・。




b0143376_958483.jpg





子供たちが遊べるコーナーもあって、娘も息子も終始楽しそう。

どんぐりすくいでとったどんぐりの中に
ちょっとにんまりしちゃうようなどんぐりも。


私も草木染の羊毛と
木のおもちゃに塗ろうと蜜蝋ワックスを購入。


b0143376_1004577.jpg






ちょっと遠いし、今の生活から離れて、
実際自分の子供を入学させられるかと言ったら・・・どうかな。。。


でも、

こんな風に子供を育てられたらどんなに良いか。。。


毎年考えるのです。。
[PR]

by maru3tu | 2008-10-20 10:11 | 日々のこと


<< フェルトで。。      明日から。。 >>