カテゴリ:家族( 11 )


2013年 11月 06日

ウールのちっちゃなバッグ。

b0143376_1142418.jpg


ウールのちっちゃなバッグ。
ほんと小さい。

ウールと革の組み合わせって昔から好き。
見てるだけで心が温まる^^


b0143376_115357.jpg






東京滞在最終日。
友人たちと鎌倉散策いたしました。
あいにくどんより曇り空だったけど強く降られる事もなくホントよかった。
以前から見てもらいたかった手相も見てもらえたし(良い先生にめぐり合った!)

そう。
この日嘘のように晴れた私の気持ち。

ありのままに生きていこうと再確認。

おいしいものを食べて
質の良いものを見て
たくさん喋って
名残惜しいが友人たちとお別れ。
なんだかこれから青森まで帰るなんて考えられないねって言いながらバイバイ。


八戸駅に迎えに来てくれた次男が私に飛びついて
「くんくん」と匂いをかぎまくられ
「えみくさーーい」
「ごめんね。このパーカ、3日間も着てるからね」
って話しながらお家へ。

その日は疲れてすぐに寝ちゃったけど
次の日からはお母さんに早変わり。

子どもたちを学校へ見送った後
家中の窓を開け放ち掃除をし
油の飛んだガスコンロを磨いて
食材買出し。

発つ前に作っていった豚汁とロールキャベツとミートソースはなくなっていて
「3日間同じものを食べていた」
・・・

b0143376_1118817.jpg

(色悪っ!笑)

その夜のご飯。
イナダの塩焼き、ひじきとレンコンの煮物、もやしのオカカ和え、豆腐と人参の味噌汁。
超質素。

「久しぶりにまともなご飯が食べれた」

ふふっ。
やっぱり私がいないとダメね。
なんてほくそ笑んで。笑

子どもたちったらなんだか私に優しくて喜びつかの間
2日後の今朝からいつもどおりの怒鳴り声が響くのでした。笑

家族と離れる時間が長いほど
お互い考える時間があってなんだか気持ちが大きくなれる気がします。
たとえそれが1日だけだっていいのです。
その気持ちは残るはずだからね。

みんなありがとう。
[PR]

by maru3tu | 2013-11-06 11:25 | 家族 | Comments(0)
2011年 11月 22日

娘サービス。

b0143376_811305.jpg


土曜日の学習発表会の振替日だった月曜日。

あと1週間で9歳になる娘のためにディズニーランドへ。

並ぶの大嫌いmaru家ではホントにホントにほんとーーーに珍しいお出かけ先^^;


平日を狙って行ったとはいえ・・

どこもかしこも代休だったようで・・すっごい混んでましたよ・・・

それならそうと仕方がないと割り切って

乗れるだけ乗ろう!と言うことで父さん母さんがんばりましたわ。


朝一入場して最後の最後22時ちょい過ぎまで。


思えば前日は鬼子母神で続けざまにお出かけで

睡眠しっかり派の私はさすがに後半ヘロヘロでしたが。笑


それでも8個くらいはアトラクションに乗れたんじゃないかな?




それにしても・・

諭吉がどんどん居なくなるーー的な・・^^;



娘も満足したようだし

何だかんだ行き渋っていた長男が一番楽しんでいたような・・笑

最後の最後に出口を出た次男が

「あーーたのしかった」

とつぶやいていたのがなんだか可笑しくて


何はともあれ無事帰宅。(深夜1時)


もう当分ないな^^;あはは。






そして今日からまた平日。

明日はまた休みか!でも堅ちゃんのさいたまアリーナが待っている♪

今日のうちにミシンワーク、4点くらいは仕上げて

月末の納品に追い込みをかけなくては!

眠いけどがんばれーー私ーーー!おーーーーー!
[PR]

by maru3tu | 2011-11-22 08:28 | 家族 | Comments(0)
2011年 10月 07日

弟とパン屋さん。

今日は弟のことを。
(私と15歳離れてます。)


青森から単身上京。

パン屋に勤めて約半年が経ちました。

会社の意向で半年の間に転々と職場、職種が変わり

現在は某市内のパン屋でウェイターをしています。


会社側は約1年間は適正を見ているとのこと。


確かに、なんでもそうだけど

パン作りだってパンだけ作ってりゃいいってもんじゃないよね。

どんな人がどんなパンを買って

時間帯や地域性によっても売れるパンが違ってくる。


市場調査も大切なこと。


弟。

どうやらウェイターに配属された時点で弱音を吐き出したと実家から電話があった。

約半年。

始めは一生懸命だったけど慣れてくれば不満も出てくるだろうし

ちょっとだけホームシックなのかな?


苦しい時はそのことしか頭にないけど

乗り越えて過ぎ去れば大したことない事かもしれない。

何とか乗り切って欲しいと「大丈夫なの?」とメールをした。


「俺は多分大丈夫だと思う。与えられた試練と思ってがんばるよ」


との返信。


お母さん、あなたの息子はちゃんと育ってます。

心配ないと思いますよ。


周りに比べ両親の年齢が上な事もあり

彼は昔から両親を大切に思う優しい子でした。

何不自由なく、多分、贅沢に育ってきたわりには

高慢になるわけでもなく

優しく芯が1本通っているじゃないかと姉から見ても思います。


「そっか。そのうちご飯でも食べにおいで。」


と返信した私でした。




そんな私は弟にアドバイスできるような人間ではありません。

高卒後。勤めて3ヵ月。

休憩時間に職場脱走。

そのまま寮も脱走したという前科犯。 こんなこと言っていいのか?私。もう時効だよね。笑


脱走後。帰宅した私を何も言わずに迎え入れてくれた両親。

あの時の親の気持ちを考えると申し訳ない気持ちでいっぱい。

でも。

あの脱走がなかったら今の自分は居なかったと思うと

結果オーライ。

そうです。結果よければ全てよし。

都合よすぎか?あはは。








b0143376_15221229.jpg

b0143376_15222090.jpg

キルトバッグ作ってます。

ダークグリーン × マッシュルーム

緑色って、緑ってだけで体に優しい気がする。

いい色です^^




b0143376_15234552.jpg

そんでもってティーコーゼ。

今使っているのは6年ぐらい前に作ったもの。

さすがに薄汚れてきたしね。


前後に切込みがあるのでとてつもなく大きくなければ

比較的どのポットにも使えそうです。
(ちなみにうちのは500ml)

かぶせたまま注げます。


ウール100%のヘリンボーン。

裏には毛玉ができにくい高級フリースを。笑

羊毛ボールが良いね^^
[PR]

by maru3tu | 2011-10-07 15:32 | 家族 | Comments(2)
2011年 04月 01日

弟。その後。。。

無事引越しを済ませた弟。

今日4月1日は入社式。

無事に就職先のパン屋も決まる。

なんと都内・・大丈夫か?弟・・


引っ越してきてからメールがちょくちょく来るのだけど。

その内容ったら・・--;


「洗濯機って自分で取り付けられる?」 (取り付けられるよ)
 
「免許証って住所変更どこでやるの?」 (警察署)

「洗濯ってベランダに干していいんだよね?」 (いいんじゃない?)

「パスポと定期券どっちが得?」 (・・・パスモだろっ!駅員さんに聞け!)




専門学校時代も一人暮らしをしていたとはいえ

実家から車で2時間半。

可愛い可愛い3番目の子のために

何かあるたびに通う両親・・・


世間知らずとは彼のこと。


まぁ。くだらない質問の多いこと。笑



そんな私もやっぱり可愛い弟のために

突き放しつつも・・ついついちゃんと答えてしまう^^;


明日から寮から1時間かけて職場へ。

都会の電車に揺られて少しはたくましくなるだろうか?

素直な気持ちを忘れないで

芯のある強い男になってほしいものだな。。。
[PR]

by maru3tu | 2011-04-01 15:38 | 家族 | Comments(0)
2011年 03月 23日

加齢とチキンカツ。。。

お昼過ぎ。

テンション上げ上げで帰宅したケイに少々引きつつも・・

「おかえり」

とそっけなく?いつもどおりの私。笑


質素なご飯続きだったこともあり

今日はケイの好きなチキンカツでも作ろうか。


仕込み中

「今日は揚げ物ですかぁ~~」

とケイ。

あれ?うれしくないのか?


まぁ。

最近の彼ときたらめっきり肉や脂っこいもの食べなくなったからなぁ。

せっせと子供に譲って

自分は味噌汁と納豆があればOKという感じ。


すっかり年をとったものだね。


それでも久々の揚げ物に子供たちはもちろん

みんなでおいしくいただいて

明日の弁当分を確保するのに必死でした・・笑



私の作るチキンカツ。

とり胸肉。

自分で言うのもなんだけど

うまいよ~~!あはは。





なにはともあれ。

主の帰宅で今夜はゆっくり寝られそうですな。
[PR]

by maru3tu | 2011-03-23 19:59 | 家族 | Comments(0)
2011年 03月 12日

不安な30時間。。。

皆様ご無事ですか?大丈夫ですか?


つい1時間前

やっと・・青森の両親と弟の無事を確認できました。

地震が起きてから約30時間。

とても不安な時間を過ごしました。


途中義妹と連絡が取れて

ケイ側の家族の無事は比較的早く分かったのですが

妹に見に行ってもらった私の実家は誰もいないとの連絡が・・

そのうち妹の携帯とも繋がらなくなってしまい

どうすることも出来ませんでした。


盛岡の専門学校の卒業式が10日に行われ

その後の足取りがつかめなかったのです。


3人一緒にいるのかな?

寒くないかな?

食事は摂れているかな?

今どこにいるの?盛岡?青森?


何度も何度も電話をし

何度も何度もメールをし

たぶん弟の携帯は電池が切れているだろうなと

停電もしているし・・一体どうすればいいの?


積み重なった不安は

家族の無事が確認できる1時間前。

地震が起きてから29時間後ついに爆発。

涙が止まりません。


そんな時に繋がった東京にいる従姉妹のお姉ちゃん。

落ち着きなさいと青森にいる自分の友人に連絡を取ってくれて

すぐに家に様子を見に行ってもらいに。

そこで無事を確認できたというわけです。


どうやら帰ろうと思ったら

新幹線が動かなくて待ちに待ってバスで戻ってきたらしいのです。

今日の夕方に家に着いたのかな?


あ~~もう!本当に良かった!


実はまだ会話は出来ていないのです。

未だに停電です。携帯も持っていません。

青森は凍てつく寒さだと思います。心配は続きます。




地震が起きてから

たくさんの友人にメールや電話をもらいました。

それはそれは本当に嬉しくて心強くて。

だけど本当に欲しいのは

「無事だよ」

という家族からのたった一言。ただそれだけ。

ただただそれだけでした。


未だに連絡の取れない被災地の方やそのご家族のことを思うと

胸が張り裂けそうです。

どうか一人でも多く生きて家族と再会できますようにと

祈ることしか出来ません。



あと何日?あと何ヶ月?あと何年?


被災地の方が

1日でも早く平穏な日々を取り戻すことが出来る事を祈るばかりです。


そして。

自分に出来る事は何かな?

少しずつでも出来る事をしていきましょう。

がんばりましょう。
[PR]

by maru3tu | 2011-03-12 21:18 | 家族 | Comments(4)
2010年 07月 29日

大きな存在。。。

水曜日はノー残業デイ。

昨日4時半?


「ただいまぁ~~」


あれ?早くない?



なんでも残業しすぎで調整のため早帰りしてきたとか。



ケイの思わぬ帰宅に


子供たち大喜び。



「外!外!外で遊ぶぞ~~!」


の掛け声に・・


眠ってしまっていた娘までむくっと起き出して



きゃ~きゃ~遊ぶ子供たち。




私といる時とは違うテンションに


少々ムッとしながらも 笑



「ありがたいな」



と思うのです。






しばし、静かな部屋の中。


セミの声を聞きながら洗濯物を畳む。




束の間の心落ち着く時間。


心が和らぐ。




子供たちにとって


私にとって


やはり大きな存在です。





b0143376_8273325.jpg




お土産~~と買って来てくれた追分饅頭。

(出来立てほかほか~うまいですよ~~!)



作りたての温かいお饅頭。



どんだけ自転車ぶっ飛ばしてきたのか・・



彼にとっても


私たちは大きな存在なのかも・・・







長男。

今日から伊豆の子浦へ2泊3日の宿泊学習。

1日で復活したはずの熱が

3日後には再び喉が腫れだして

ひやひやでしたが。

なんとか無事出発。

「最悪迎えに行くから行かせろ」

とケイの心強い言葉。

心置きなく楽しんでおいで~~♪

[PR]

by maru3tu | 2010-07-29 08:31 | 家族 | Comments(2)
2009年 01月 07日

ばあちゃん。。。

父方の祖母。

静岡で一人で暮らしている。


年末に遊びに行った際、部屋に置いてあった鉤針編みのひざ掛け。


「かわいい~!!」

「持っていきな~」



b0143376_14365032.jpg




で、持ち帰ったひざ掛け。

ちなみに写真は次男・・昼寝中。。。


何でも、私のおとうの弟が学生時代に彼女にもらったものらしく・・・。

ふ~ん・・昔はこういうのプレゼントしたんだぁ~・・
なんて思いながら、当時の彼女・・ごめん!!

いただきますっ!!





ばあちゃん。

実はじいちゃんの後妻。

おとうの生みのおかんはおとうが小さいときに病気で亡くなったらしい。
じいちゃん、何とか再婚を・・と、なんと・・。

10歳も歳をさば呼んで今のばあちゃんをもらったという(笑)

今でも・・

「本当の歳は知らん」(関西弁です。)

とぼやいているばあちゃん。

ばあちゃんといえども、
私よりも手も足も声も身長までもが大きい。

そんなばあちゃんだけど、1年ほど前に脳梗塞で倒れ、
28時間死んでいた。
奇跡的に命は取り留め、今に至る。

医者に「奇跡」といわれるほど、後遺症もなくピンピンしている。

それまで定期的に訪問していたけれど、
倒れてからしばらくはご無沙汰で・・・。

久しぶりの再会だった。


元気は元気だったけれど・・・
なんだかとても小さくなっていたばあちゃん。


じいちゃんは10数年前に水事故でなくなり、
昨年4月に可愛がっていた犬にも先立たれた。

自分はいつ死んでも良い様にしている・・と。
笑って話していたが、
そんな悲しいこと言って欲しくないよ・・・。



どうかこの先もずっと大きなばあちゃんでいて欲しい。




春に遊びに行ったら、

港の魚屋にお刺身とシーフードカレー食べに行こうね。。。
[PR]

by maru3tu | 2009-01-07 14:53 | 家族 | Comments(3)
2008年 08月 11日

久々に。。

家族勢揃い。


青森に約1週間滞在していた長男。


一人新幹線はやてに乗り、無事帰宅。



前の日の電話。

珍しく娘が出たいというので、代わったら。

「待ってるからね。気をつけてね。」

べそ・・かいている。


いつもはケンカばかりの兄妹。。


それが・・。


べそをかいている・・。
電話の向こうでも涙声。


ほほえましい光景も私にはなんだか気持ち悪い(笑)



昨日1日はなんとなくお互い照れていたのか、

譲り合ったり、妹のわがままを聞いてあげたり。



そんな仲良しは当然長続きするわけもなく。。。




今朝一番。。


「いい加減にしなさぁぁぁい!!」


やはり母の罵声は飛ぶのでした・・・。



b0143376_8454580.jpg

[PR]

by maru3tu | 2008-08-11 08:47 | 家族 | Comments(0)
2008年 07月 31日

まる3つ

7月19日。

maru家待望の次男誕生。
まるが3つになった。。。

18日の夜。

まさに満月。

朝からなんだか予感がしていたけれど、
まさか・・。予定日1週間前だしな・・。
なんて思ったり。

病院に到着後約3時間半の出産。

3人目とはいえ、やっぱり痛かった(涙)
3人目とはいえ、やっぱり感動した(涙)

その後母子ともに無事退院。

次男は、おっぱいをぐびぐび飲み、
すくすく育っています。

長男長女は、相変わらずケンカが耐えないけれど・・。
次男を挟んで、二人でにまにましながら・・。


「かわいいね」


そんなほほえましい光景が今はある。





b0143376_8373153.jpg







そんな兄妹。
昨晩からケイと3人で青森へ。

ケイと娘は、3日ほどで帰ってくるが、
長男は、約10日間滞在。
帰りは新幹線で初一人旅。。

3日間次男と二人でゆっくりできるけれど・・。
うれし寂しい感じ。。

家族がそろわない今日も、
いつもと同じに起床。
洗濯、掃除・・。

羽は伸ばせるけれど、
どこかいつも家族の心配をしてしまう。

みんなが居て、かわらぬ日々を過ごせることが。。
一番大切と改めて思ったり。。。


「おかえり」


いつもと変わらず言えるように、待っているからね。。
[PR]

by maru3tu | 2008-07-31 08:35 | 家族 | Comments(4)