まる3つ

maru3tu.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2017年 11月 01日

「仕方がない」

b0143376_15361822.jpeg
先週末、北海道に住む友人に会ってきました。
この事をブログに書いていいものか未だ答えが出ないのですが
私が感じた事を書いてみようと思います。

夏休み前突然の訃報がありました。
あまりに突然で驚きと共にこみ上げる感情を抑えられず電話口で号泣。
数日動揺を隠せず空を見ては散歩をしては涙する日々でした。

長男が幼稚園だった頃に出会ったいわゆるママ友。
園は縦割りクラスだったため子供の歳は違えど
そのうちお互いのお家を行き来し
何家族かで旅行やキャンプ、誕生日パーティーと一緒にいる時間が増えました。
ママ友たちはいつしか友人たちになりました。

今ではそれぞれが転勤や引越しで離れ離れになってしまったけど
何年空いてもいつ会っても
まるでずっと一緒にいたかのような居て当たり前、一緒に居て当たり前、そんな大切な存在です。

そしてその大切な友人の大切な娘さんが空へ帰りました。

私は友人と会ったら絶対に号泣するからと覚悟を決めて向かったのですが
実際に会った友人の顔を見てウルリとはしたものの
終始落ち着いていることができました。

この3ヶ月いろいろな書を読み漁り
いろいろな人と会話をしたという友人。
娘さんがなくなった事を受け入れている彼女の笑顔が
私の心の中にスーッと入り込んできたからだと思います。

もちろんそんな簡単なことではないだろうし
計り知れない思いはあるとは思うけど・・・。

出会い、別れ
生まれる命、消える命、
生、死

この世にいて起こりうる事全てに意味がある。
 
この世の全ての命には意味がある。

魂は繋がっている。


北海道へは友人宅に1泊しました。

夜中帰宅したご主人が言いました。

「仕方がない」

43年生きてきてこんなに切なく重みのある仕方がないを聞いたのは初めてでした。

普段軽く発していた言葉。

仕方がないだけでは片付けられない事態、想い。

でもやっぱりこういう時に適した言葉なのかもしれない。


前を向いて歩こうとする
いや、歩き出している友人夫婦。

大丈夫。
繋がっている。
守られている。

私もいつも想っているよ。


当たり前の日常は
決して当たり前じゃない。

当たり前の日常こそが一番の幸せ。

そんな風に思わせてくれたRちゃん。

今頃どこに居て何をしているかな。
なんせ忙しいからね。笑

















.

[PR]

by maru3tu | 2017-11-01 16:15 | 友達 | Comments(0)